記念切手を高額で買取ってもらう方法。 » 記念切手

記念切手の図案を作るデザイナー

日本の切手は世界の人からの注目を集めており、外国人などが日本に訪れた際に、切手専門店で大量に記念切手を購入して帰国すると言う人が多いと言われています。 切手の価値は現在低迷しており、額面を大きく下回ると言うケースも多く在り、収集していた記念切手を今のうちに売却したいと言う人も多くいます。 しかしながら、外国人からの人気が高い事からも需要はゼロと言う事ではありませんし、将来的にどのようになるのかは誰にも解らないと言う事からも、収集を続けている人も少なく在りません。 尚、記念切手と言うのは記念を祝して発行されるもの、収集の対象となる切手は記念切手以外にも郵便局で何時でも買う事が出来る普通切手、そしてシリーズとして発行されるケースが多い特殊切手などに分ける事が出来ます。 尚、記念切手や特殊切手のデザインと言うのは有名なデザイナーによる図案が採用されているもの、切手デザイナーと呼ばれている専門家が作り出しているもの、一般公募により募ったデザインが利用されているものもあるなど様々ですが、日本の切手は印刷技術が高くなっていることからも、デザインだけではなく切手の印刷における品質が高いこと、綺麗な色の切手が多い事からも外国人からの人気も高くなっています。 記念切手は記念日をお祝いして発行される切手で、切手収集を行う人が対象としている切手には記念切手とは別の特殊切手や普通切手などの種類が在ります。 日本の切手図案を作り上げている切手デザイナーは2015年の時点では7名と言われています。 また、図案を考える人の募集などが例年行われていないので、切手の図案を手掛けたいと言う人も狭き門になっているとも言われており、切手の図案を考えたりデザインを作り出している人は美術大学や美術系専門学校の卒業者と言われており、仕事の内容や職に就くための方法などについては、こちらの切手デザイナーにインタビューを参照することで何らかのきっかけを掴む事も出来ます。 因みに、普通切手の図案の中に郵便創設者の前島密氏が描かれている1円切手が在りますが、1円切手は何度か図案が変更されていると言った特徴が在ります。 1927年から発行が行われた1円切手には「100」と言った額面の記載になっていて、「00」の数字には下線が入れられており、当時は円だけではなく銭などの単位の貨幣も存在していた事からも、このような記載が行われていると言う事です。 尚、1円切手は「00」の数字が廃止された図案に変わり、後に「NIPPON」と言った文字が右下に記載され、現在の1円切手は「NIPPON」の文字列が左側に移動し、額面の「1」が右側に移動されているなどの特徴が在ります。

大阪で記念切手を多く取り扱う郵便局

記念切手の種類の中にはグリーティング切手と呼ばれているものがあります。 グリーティング切手はシール状になっているものが主流となっているため、切手の裏面に水を付けなくてもそのまま貼り付けられると言う利便性も在ります。 また、様々な行事やお祝いなどの際に利用する事が出来る切手で、郵便局で何時も購入する事が出来る普通切手とは異なり、期間限定の発行になるのが特徴です。 尚、日本国内において、1995年からグリーティング切手が発行されており、切手の図案には人気アニメキャラクター、絵本作家のイラスト、著名イラストレーターが描いた図案などもあり、子供から大人など幅広い年齢層の人々からの人気を集めています。 また、最近のグリーティング切手には夏や冬と言った季節を合わせた図案、外国との共同発行が行われている「国際文通グリーティング切手」なども在り、使うだけではなく収集したいと言う人からも人気を集めており、記念切手を集める魅力が広げてくれます。 尚、大阪エリアなどには記念切手を数多く取り扱っている郵便局が在りますが、グリーティング切手は期間販売となること、在庫が無くなると完売となってしまうので早目に購入するのがお勧めです。 グリーティング切手には可愛らしい図案、年賀状などに使う事が出来る干支が描かれた図案の切手、四季毎に発行されるグリーティング切手は、それぞれの四季の魅力を郵便で伝えられると言うメリットが在り、春などであれば引越しの挨拶状、夏であれば暑中見舞いや残暑見舞いと言った具合に、様々な用途で利用する事が出来ますし、お祝いの時にも使う事が出来るグリーティング切手も在ります。 大阪の郵便局に行けば、発売期間のなかであればグリーティング切手や記念切手を購入する事が出来ますが、大阪の郵便局に行った時に売り切れとなっている場合は、他の郵便局から取り寄せが可能な場合も在るので、どうしても欲しいと言う事であれば郵便局の局員さんに相談をしてみるのがお勧めです。 尚、欲しい記念切手やグリーティング切手などが郵便局で売り切れとなった時など、大阪で、記念切手を種類多く扱っている郵便局を探したい場合はこちらを参考にしてみてください。 因みに、記念切手と言うのは発行時に発行枚数が定められているもので、普通切手のように何時でも購入する事が出来るわけではありません。 近所の郵便局で売り切れの場合でも、他の郵便局で在庫が残っている事もあり、自分で探すよりも郵便局で相談する方が早くて便利です。

イギリスの記念切手の購入方法について

記念切手には収集すると言う楽しみが在りますが、現在切手を集めている人の数は減っているため、郵便局に行けば少し前に発行された記念切手を購入することが出来ます。 しかし、切手ブームの時代はこのような事は無く、発行当日に全ての切手が売り切れてしまうと言う事も多く在りましたし、切手を集めている人の中には買いそびれてしまい、幾つかの郵便局を回ったり、切手の専門店に行って額面よりも高い金額で購入したと言う人も多いのではないでしょうか。 現在では、綺麗な切手を使って郵便物に使いたいから、と言った理由で記念切手を購入される人も多いのですが、イギリスなどの場合も可愛らしいデザインの切手や綺麗な図案の切手は人気が高く、発行日より郵便局で購入が出来るようになっています。 因みに、イギリスでは記念切手の事をスペシャルスタンプと呼んでおり、クリスマスの時に発行されるものはクリスマススタンプと言った具合に、特別な切手になっているのが特徴です。 外国の切手を集めている人も多くいますが、海外に旅行に出かけた時などは郵便局で現在購入することが出来る切手を買い集め、日本にいる時には切手専門店で購入されると言う収集家も多くいます。 海外旅行に出かけた時に、その地域の郵便局で切手を購入し、日本にいる友達や家族などに葉書を送りたい、手紙を書いたり写真を添えて封書で送りたいと言う事が在ります。 また、郵便局で購入する切手は何らかの記念を祝し発行された記念切手が良いと言った場合などでも、郵便局で販売が行われているものを購入すれば郵送して貰う事が出来ます。 イギリスのロンドンに旅行に出かけた時にも、郵便局に行けば切手の購入は可能となりますが、当然日本語では通じませんので片言でも英語を話す事が大切です。 因みに、英語で記念切手の事をスペシャルスタンプと言いますが、スペシャルスタンプと言った単語を覚えておくこと、そして必要になる額面を郵便局の窓口で伝える事で、その時郵便局で在庫している記念切手を見せてくれるので、欲しいものを指さし、必要枚数を伝えれば購入が出来ます。 尚、こちらのイギリスの記念切手を購入したいを参考にされるのがお勧めで、この中にも紹介されていますが、イギリスの郵便局は日本と同じく、週始め、週末、月末と言った時期は混雑するので、可能で在ればこのよう時期を外せば、窓口で在庫が残っている記念切手を見せて貰って希望の切手を購入することが出来ます。

記念切手を売りたい時に覚えておきたい事

切手の種類の一つに記念切手が在ります。 記念と言った名前が付いている事からも、何らかの記念を祝し発行が行われた切手で、日本で最初に発行されたのは「明治銀婚」と呼ばれている2枚の切手です。 「明治銀婚」は明治天皇の大婚25周年式典が行われた時に、お祝いとして発行された記念切手で、発行日は1894年3月9日、額面は2銭と5銭の2つの種類が在り、2銭は赤色、5銭は青色でそれぞれ単色印刷と呼ばれている1色だけで印刷を行った切手です。 尚、記念切手は予め発行枚数が定められているのが特徴で、「明治銀婚」の発行枚数は、2銭は1.480万枚、5銭は100万枚と言われています。 尚、記念切手を売りたいと言った場合に覚えて起きた事の一つは、切手は希少性に応じてプレミアが付くことも在りますが、比較的新しい切手や発行枚数が多いものは額面を下回る事も多く、特に1960年以降に発行された切手の多くは額面を下回る事が多く在るなど、比較的最近の切手や発行枚数が多く市場に多く出回っている切手などは額面よりも安い金額で買取りが行われる事も多くあります。 尚、「明治銀婚」のような切手は希少性が高いため、買取り査定も高くなりますし、この切手以外にもプレミアが付くものが多く在るのが特徴です。記念切手を売りたい時には、「記念切手を売る場合の価値」を参考にされるのがお勧めです。 切手の価値は切手の状態、発行枚数、シートか単片かの違いなどにより異なるのが特徴です。 シートと言うのは、切手を切り離す前の状態のもので、印刷が行われたままの切手をシートと言います。 郵便などで利用する時には、シートから切り離し1枚だけ切手を使う事になりますが、切り離す前の状態のシートの方が単片よりも価値は高いと言われています。 尚、記念切手の買取りを行っているお店の中には金券ショップも在ります。 金券ショップでは旅行券や百貨店などで利用出来る商品券、図書券、テレホンカードなども買取りを行っており、切手についても買取りをしてくれるお店も多く在ります。 但し、金券ショップの中には普通切手のみ、シート単位のみと言う場合も在るため、全てのお店で買取りが可能になるわけではありません。 尚、普通切手のシートであれば買取りをしてくれる場合などでは、売りたい記念切手を郵便局に持参し、新しい普通切手のシートに交換して貰う事で、金券ショップで売ることが出来る切手にすることが出来ます。 この場合は、1枚あたり5円の手数料がかかりますが、金券ショップなら額面よりも少し安い金額での買取りとなるのでお勧めです。